東京大学提携宿舎は(共立メンテナンス提供)は出身の国を問わず、居住者間の親交を促進しております。入学時に、慣れない環境の中でよりスムーズに友人ができることはもちろん、海外の優秀な人材と日常生活の中で自然と国際交流できる環境は、「生涯の財産」となることでしょう。 東京大学ウェブサイトはこちら 東京大学の宿舎は2種類あり、学校が所有する宿舎と民間と提携した宿舎(提携宿舎)があります。学校が所有する宿舎は、家賃が低く設定された宿舎です。民間と提携した宿舎は、民間の得意分野を活かした付加価値のある宿舎です。※学校所有の宿舎は、学校ホームページをご確認下さい。 東京大学ハウジングオフィスホームページはこちら

提携宿舎のポイント

自然と国際交流が身に付く宿舎

出身の国を問わず、住居者間の親交を促進しています。
日本のみならず、世界各地から集まった優秀な人材と一緒に過ごすことによって、日常生活の中で自然と国際感覚が身に付きます。

奨学宿舎制度
国際交流を目的とした奨学宿舎制度があります。奨学宿舎制度を受ける学生は、宿舎内の国際交流が捗るよう宿舎運営サポートが条件となります。なお、経済格差を考慮し、留学生を優先しています。

心と身体を健康に保つ食事

日本の食文化を大切にした手作りの食事を提供します。
旬な食材を使った食事であるのはもちろん、郷土料理、イベントメニューで
飽きのこない食事です。
栄養バランスの整った食事は、心と身体を健康に保ってくれます。

月曜日から土曜日の朝・夕食をご準備しています。
朝食は和・洋食から選べます。

急病時にも安心な常駐管理、震災時にも対応

安心のマネージャー夫妻常駐で安心です。防犯対策・セキュリティが万全なのはもちろん、病気や怪我の際にも手厚く対応いたします。

悩み、不安、病気などは、メディカルスタッフが24時間365日電話にて相談お受けいたします。

将来設計に対応しやすい家具付居室

居室には、生活に必要な家具が備え付けられています。
荷物を最小限に抑えることで、留学したい時に荷物処理などに困りません。
また、生活が便利になる共用部があり、様々なサポートを受けられます。

急病時にも安心な常駐管理

入居者の声から考えられた優しい設計

RUTIL井の頭公園は女性に優しい設計がされています。
※RUTIL井の頭公園Ⅱは広い交流スペースがあります。

急病時にも安心な常駐管理
ページ上部へ戻る