hed
top_pic
title
見出し

中央大学は、1978年の文系学部の多摩移転当初から、多摩校舎近隣地主の協力の下「中央大学協力下宿(アパート)」を約1,000室以上確保するなど、
学生に安価で快適な居住空間を提供してきました。
中央大学は、この分野におけるパイオニアであり、現在も下宿・アパート紹介業務を中央大学生活協同組合不動産事業部に移行して、
生協において毎年1,000件以上の斡旋実績を数える等その伝統は揺るぎなく続いています。

さらに、中央大学は国際化促進策の一つとして、大学が建物を借り上げて留学生と日本人学生を入居させる国際寮と、
中大と株式会社共立メンテナンスとの業務提携により本学の留学生と日本人学生のみを受け入れる国際交流寮を皆様に提供することとなりました。
これらの寮では、日々の暮らしの中で自然に世界各国の留学生とコミュニケーションをとることができます。
そこに住む皆さんがふれあいを通して協調性を学び、様々な価値観にふれることを期待しています。

これにより、本学が直接運営する「国際寮」、本学との提携に基づいて中大生のみを受け入れる「国際交流寮」、
「国際交流寮」の管理・運営業務を委託する株式会社共立メンテナンスの「食事付学生寮」、
中大生協不動産事業部が提供する各種物件等、
合格された皆さんのニーズに合う様々な住居がより一層提供できるようになりました。

このホームページでは、これらの物件へのアクセス方法等について説明しています。
充実した学生生活を送るためにも、先ずは安心して生活できる住まいを確保する事が最も大切なことです。
自分自身が納得できる物件を見つけて、健やかなキャンパスライフを送ってください。



 
見出し
日々の暮らしの中で国際交流を実践できる中央大学専用の寮です。
bot
朝・夕2食の食事付で、家事負担の少なくやりたいことに集中できる学生寮です。
bot
 
bottom